スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

信じるものは・・・

私の住む山奥の地域では、このような感じの悪い光景をよく見かけます。

DSC03249-2_convert_20130913010902.jpg

「烏」の死骸を吊るしています。超悪趣味。超グロテスク。都会に住む人達が見たら、山奥特有のカルト宗教か何かと思うことでしょう。
これは、この地域では古くから「烏」除けとして、有害鳥獣対策の一つとして行われています。全国的にこういう事ってよく、やっているのでしょうか?
おそらく、「烏」に対して、【ここに近付けば、お前らも同じように吊るされてしまうぞ!!】というメッセージが込められているものと思われます。
こんなの迷信、おまじない程度のもので、効果なんてある訳ない・・・・・と思うでしょ?この山奥に住んでいる私もそう思っていました。先日まで。そう、2カ月ほど前の話し。近くの先輩の畑のトウモロコシが「烏」にやられたそうです。確かに、その畑は自分の畑の近くであったため私も、そちらの方角から、おびただしい「烏」の鳴き声を聞きました。先輩は鉄砲を所持する猟師であるため、その中の1羽を撃ち落とし例のとおり吊り下げました。すると・・・なんという事でしょう!!それまで先輩の畑で鳴いていた「烏」の群れは、私の畑を挟んで反対側の1㎞ほど離れた畑の方で鳴いています。見事に、行動エリアを移動しました。それから、少なくとも最近までは、先輩の畑近くで鳴き声を聞いた事はありませんね。この「おまじない」の効果がどの程度継続するかは不明ですが、一時的であるにしろ確実に効果が出ました。すごく不思議、こんなに効果があるものかと感じました。先人たちは、「烏」の高い学習能力を利用した、こうした防御方法を昔から続けてきたという事でしょうか。小さいころからよく見かけた「おまじない」でしたけど、こんなに効果を実感した事は初めてでした。
 そこで、もちろん>先日獲った「烏」はこのように吊り下げました。
DSC03247_convert_20130913010501.jpg

ダブルで効果倍増!?
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。