スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

捕獲個体の確認方法

先日の記事、「頑張って!農林水産省」の中で、農林水産省が実施する「鳥獣被害防止緊急捕獲等対策事業」の捕獲個体の確認方法について話題にしたところですが、4月に入り所属地区の猟友会から、個体の確認について指示がありました。それによると、ポイントは以下の通りです。

●役所の担当者が、現地に確認に行くことは困難なため、各自で捕獲個体の写真を証拠となる尾などと共に提出する事。
●写真撮影の方法
 ①捕獲個体の右側面にスプレーで「捕獲の日付」を書く。鳥類など小さな個体についても記入の必要があるので、たとえ日付が読み取れなくても記入を試みる。
 ②役所から発行された捕獲者の氏名が記された帳票に「捕獲場所」と個体に記入した「捕獲の日付」を記入する。
 ③写真には①の個体と②で記入した帳票が一緒に写り込むように撮影する。
 ④捕獲者本人は必ずしも写真に写り込む必要はない。
●提出するものは、「写真」、「帳票」、「証拠部位(尾など)」
●提出する証拠部位はノウサギ以外の獣類は「尾」、ノウサギは「両耳」、鳥類は「両脚」とする。

そこで恒例の?シミュレーションしてみました。(笑)

DSC02013-2_convert_20130413034815.jpg

こんな感じでしょうか。
本人が写り込まなくても良いということなので実際には、吊るし上げて撮影する必要はなさそうです。

この事業は、各都道府県において「都道府県協議会」というものを設置し、そこが国からの交付金の受け皿となり、そこから各市町村に「お金」が降りてくるという仕組みらしく、県下統一でこの方法により、捕獲個体の確認を行うということでした。

まだ突っ込みどころは沢山ありますが、かなり緩和され現実的な方法に落ち着いたと思います。ただ、農林水産省で定めた「実施要領」は、ウェブサイトを見る限り変更されていないと思いますけど・・・。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

私たちの町では、ニホンザルのみがこの対象でです。他の動物は含んでいませんが、他の鳥獣の駆除もあります。
県や町により、法を受ける認識にかなりの差があるような気がします。
私は町担当者から相談を受けてくれと頼まれ、時々担当者と話しますが、農水省の意をしっかり理解しているとは思いにくいところがあります。
要は、害獣などの数量をしっかり把握し、適正数量を設置し、的確な頭数の駆除を行い、農林被害を未然に防ぎ、さらに動物資源を保護すると言う事が狩猟法の意思だと思いますが、そこを踏襲すれば害獣駆除も上手くいくと思うのですが・・・・・
駆除捕獲と報奨金ばかりに神経が集中しては、本来の駆除と生息数量適正化に沿えない姿になってしまうような気がします。
まあ、ペンキで字を書くとかは、国庫金が出る訳ですから不正受給防止の為に必要な事でしょうが、むしろ毛皮や肉の有効利用によって、資源の無駄をなくし、狩猟者の利益になるような方法や法や市場の整理が望ましいのではないか、と思うのです。
こちらのサル駆除では全体写真とシッポの提出で対応するようですが・・・・・
やはり現場経験のある省庁職員か、現場経験が豊富な人などから意見を取り込み、こう言った対策を練って欲しいですよね。

Re: No title

kuma仙人さん、こんばんは。
丁寧なコメントありがとうございます。

そちらでは、ニホンザルだけが、対象なのですね。他の動物を、対象にしないということは、ニホンザルを集中的に駆除するという意図があるのでしょうか。

農家は、自分の所の被害状況は分かっても、被害を与える鳥獣がどの位いて、どの位駆除すればよいのかまでは、残念ながら調べる術を知りません。安易な対処療法といわれようとも、現段階では自分で田畑を守っていくしかないと考えています。農家が協力できることは、行政に被害額、被害数量など適正駆除頭数の算出に必要なデータを真面目に報告することだと思います。

今後、kuma仙人さんが、おっしゃるとおり鳥獣害対策の制度設計する省庁職員と現場経験者が意見を交換し合うことは、必要だと思います。何も堅苦しい席でなくても、ジョッキ傾けながらでもいいと思いますね。あっ、やっぱり、ちゃんとした話し合いが終わってからにしますか!

蔓延っている不正に対して

協議会で決めたら国の指針に沿わなくても構わないということなのでしょうか?
こちらでも反対は多いでしょうが、国の指針通りにするように頑張って意見を言おうと思っています。
「そんな面倒な事できるか!」とい言う人が多いですからね。面倒でできないなら報奨金をもらわなければいいだけですから。
不正受給している者たちがいる現状では面倒でも仕方ないと思っています。

Re: 蔓延っている不正に対して

川ガニさん、こんばんは。

>協議会で決めたら国の指針に沿わなくても構わないということなのでしょうか?
それが、よく分からないんですよ。県が、農水省とどういう打ち合わせを経てこの様な基準になったか、全く分かりません。

不正受給している人は、残念ながらいるんでしょうね。そういった意味からも、緩和してはいけない点もあったと思います。個人的には、捕獲者が写り込むような写真は維持すべきだったと考えます。ただ、捕獲場所の特定は困難かなぁと思いました。私は、GPS機能付きのデジカメで撮影しデータ提出しようと考えていました。

提出部位は国で1か所、統一してもらえれば、あれもこれも提出する必要は、ないと思いますけど。

お金を受け取る以上、手間がかかるのは当たり前と考えていましたから、わが県の基準はちょっと緩和しすぎの感がありますね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。