スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地域ぐるみで

このブログでは以前から書いておりますが、ここ山奥の地域では、「日本鹿」が爆発的に増えております。「日本鹿」が毎月コンスタントに捕獲されるのに対し、「猪」は、前回の捕獲の記事以来、約4カ月ぶりとなります。
DSC03222_convert_20130827223604.jpg


この猪もなかなか警戒心が強い個体でした。檻の奥の餌を探るようになるまで2週間掛かり、仕掛けを落とすと決めてから、さらに1週間もかかってしまいました。トリガー部分の餌はなかなか食べなかったですね。まあ、トリガーを「糸」方式にすれば、もっと早く獲れていたと思います。
DSC03235_convert_20130827223632.jpg

夏の「猪」は毛が薄く地肌がよく見えます。♂と♀の兄妹と思われる2頭でした、


6月の終わりに、近所の畑を荒らす3頭の「猪」を目撃しました。目を付けた田畑を散々荒していましたが、7月になりすぐに、1頭を先に先輩が捕獲しました。私が今回2頭捕獲した事で、おそらくこの集落の田畑を荒らしていた「猪」は獲り切ったと思います。次の「猪」が来るのも時間の問題でしょうけど。幸い私の家の田畑は侵入される前に捕獲する事が出来ました。


 私たちの集落は10戸ほどの世帯で構成されています。この集落の中には私が知っているだけで現在8基の檻が設置してあります。設置者は私を含め3人です。特に相談しているわけではありませんが、集落内に非常に良いバランスで設置してあります。この集落に侵入してきた「猪」は高確率でこれら8つの檻のいずれかで捕獲されていく運命ですね。まさに集落全体が「ごきぶりホイホイ」ならぬ「いのししホイホイ」って感じでしょうか。(笑)まあ、檻には全く近付かない個体もいますけど・・・。
これこそ行政機関の大好きな鳥獣害対策のフレーズ「地域ぐるみで」ってやつですかね。防御だけで、よその集落へ「猪」を追いやる方法でなく、捕獲する事でこの集落から「猪」を出させない方法です。そうする事で隣の集落に迷惑をかける事はありません。平均年齢はおそらく70歳を超えていると思うけど、頑張っているねぇ我等が集落!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

チームプレー

お互いに知った中なので以心伝心なのでしょうね。 あるブログで夏毛でもあるが真っ白い猪を捕獲した記事がありました。 アルビノかと思いましたがそうではないそうです。

毛が・・・・・・・・・

こんなに毛が薄いんですか(@_@;)
いや~びっくりです
なんちゅうか、サルよりリアルに素肌って感じですね
止めの傷口なんて見えると、ちょっとビビりますね
東北のサルは毛深いので、気にもなりませんが・・・・・・・
なんとも、この毛の生え方は、ワタクシの未知の部分と言うか・・・・
近所の誰かさんの頭のようでもあるというか・・・・

いや~  汗が流れます(笑)

Re: チームプレー

kentさん初めましてこんばんは。

互いに知った中なのは、間違いないですが、以心伝心というより、獲り易いポイントを3人で潰しているだけかも(笑)。この猪は、真っ白ではなかったですよ。目も赤くなかったので、おそらくルビノではありませんね。

Re: 毛が・・・・・・・・・

kuma仙人さん、こんばんは。


この時期は毛が超薄いんですよ。

毛を剃って解体する人たちにとっては、やり易い事でしょうね。

ただ、この猪、ちょっと副蹄の部分が普通のイノシシと比べて高い位置にある気がします。

この様な特徴の個体は「イノブタ」の可能性が高いという話も噂レベルですが、聞いたことあります。

実際のところどうなんでしょう。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。